1. TOP
  2. ちょっと待った!そのサイト・そのカードで決済、本当に大丈夫?

ちょっと待った!そのサイト・そのカードで決済、本当に大丈夫?

 2015/07/01 カード  

インターネット上にはクレジットカードで支払いができる多くのWebサービスがあふれています。
その場ですぐ手続きのできるクレジットカード決済はとても便利ですが、自分のカード番号や購入履歴が流出しないかなど、やや不安に感じる方も多いようです。
中には「ネットショッピングは利用してるけど、クレジット決済ではなく銀行振込で」という方も。
そこで、インターネットショッピングをする場合の注意点について調べてみました。

安全なPC・タブレット・スマートフォンを利用する

SEP_287815080925



クレジットカード情報を不正に盗むウイルスなどの、悪意あるソフトウェア(マルウェア)によって被害を受けないために。

マルウェア対策ソフトウェアを有効にしておく

マルウェアの感染を防ぐために、セキュリティ対策ソフトウェアを必ずインストールし、更新情報を最新の状態にしておきましょう。


ノートン セキュリティ 月額89円/台より
60日間返金保証つき

インターネットカフェ・漫画喫茶など、公共・共有のPCでの利用を避ける

どのような状態になっているかわからないPCでは、重要な情報を入れる操作は行わないこと。

公開されている更新プログラムは必ず適用し、最新の状態で利用

多くの場合は自動で更新を行う設定になっているか、利用可能な更新プログラムがある場合は通知が行われます。利用している機器の設定を確認し更新を行いましょう

PCのアカウントを利用者ごとに分ける

LISA99_MBA20141018102742



家族で共有しているPCでも、間違って他の誰かが登録したクレジットカードの情報で決済したりしないように、アカウントは分けておきましょう。

詐欺や悪質なサイトに注意する

情報や金銭を盗もうとするフィッシングサイト

メールやSNSのメッセージ・広告などから悪質なサイト(フィッシングサイト)に誘導され、被害に遭うケースがあります。メールでパスワードやクレジットカード番号、暗証番号を求められるような場合は詐欺の可能性を疑い、銀行やオンラインサービスの注意喚起を確認したり、サービス提供元への電話での問い合わせなども検討しましょう。

そのサイトは信頼できる?詐欺サイトじゃない?

025



ショッピングサイト自体が詐欺のサイトで、料金を払ったが商品が届かないという場合もあります。信頼のできるサイトか十分に確認しましょう。個人情報の取り扱いを定めた「プライバシーポリシー」などがサイトに掲載されているか、プライバシーマークを取得しているかなどを確認したり、インターネットでの評判や口コミを確認するのもポイントです。 万が一問題があった場合に、質問や問い合わせを受け付けている窓口があるか確認しておきましょう。

安全な通信かどうか注意

公共のWiFiでのインターネット利用をしている場合は注意する

公衆無線LANは外出先で手軽にインターネットを利用できるとても便利なものですが、家や会社で利用している環境とは異なり、公衆である特性上セキュリティリスクはどうしても生じます。

SSLで暗号化されているかを確認

037



インターネットで、クレジットカード情報など、個人情報や重要なやりとりを行う場合には必ず、SSLで暗号化された安全な入力画面 (HTTPSサイト) であるかどうかを確認する。
ブラウザの上あるいは下にセキュリティの安全を示す鍵マークが表示され、アドレスバーに表示されるURLが「https://」になっていれば大丈夫。

SSL(Secure Socket Layer)とは、情報を暗号化して送る通信技術のことで、暗号化されていない場合は「http://」になる。ステータスバーが非表示に設定されている場合は、鍵マークも表示されない。
※メールやSNSのメッセージなどは暗号化通信を行っていない場合が多いため、カード番号を送信するのはセキュリティー上危険。必ずSSLなどのセキュリティーが確認された画面でカード番号を入力する

安全に利用するためにできること

サイトのID・パスワードをきちんと管理する

サイトによっては、購入時などに会員登録が必要になります。
取得したサイトのID・パスワードは、本人確認に使用するため十分注意して管理しましょう。

クレジットカードを使い分ける。

card



インターネットと普段の生活で利用するクレジットカードを分けるのも良いでしょう。その場合、利用限度額を低く設定したり、ネット不正利用補償付きのクレジットカードを利用すると良いでしょう。


Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード


楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍!

3Dセキュアとは

3Dセキュアとは、VISAインターナショナルが開発したオンライン上でのクレジットカード決済を安全に行う為の国際標準の本人承認システムです。盗難カード利用、偽造カード利用などの不正利用の被害リスクを抑制します。クレジットカード情報の他に、事前に利用者本人がカー ド会社に4ケタのパスワードを登録をして、クレジットカード利用時には、お客様が都度そのパスワードを入力してクレジットカード決済を行う仕組みです。な お、入力した登録パスワードは直接カード会社に暗号化して送信されるので、ECサイトでは情報を取得できないように設計され、店舗での情報漏洩等による事故の防止にもなります。

何かあった場合に早く気付くために

決済内容を保存し、クレジット明細を確認する

クレジットカードを利用した後、取引内容が表示されているページをファイルに保存しておきましょう。取引番号、金額や日時だけではなく、利用したインターネットのURL、サイト名なども保存しておくとより安心です。

また、クレジットカードの明細も確認し、決済金額が合っているか、不正な引き落としがないかも、こまめに確認しておきましょう。不正な取引があった場合は、利用したサイトや、クレジットカード会社にすぐに問合せましょう。


【関連記事】
・覚えやすくて忘れにくく、それでいて他人には推測しにくい4桁の数字とは?
その番号、バレてます!見直すべき暗証番号と決め方について

クレジットカードの犯罪対策・セキュリティについてはこちら
何この請求!クレジットカードが勝手に使われた!? クレカ犯罪対策セキュリティ

【オススメ記事】
・外貨預金にしてると勿体無いです。FXがオススメな理由について
外貨預金は損!? FXが絶対お得でオススメな理由

・ヤフオク!でお得な物を落札したい方はこちら
ヤフオク!(ネットオークション)で安く買うコツ【落札編】

・美容院やエステは、予約サイトを経由したりクーポンを使うとお得です♪
美容院・エステ、絶対得する!予約サイト&クーポン まとめ

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!