中古車個人売買方法おすすめまとめ(中古車オークション/フリマアプリ/個人間取引/譲渡/公用車売却/フリマサイト)

こちらのページでは、中古車の個人売買についてまとめています。

車の買い替えはもちろん、「しばらく乗っていない車があるし、売ってしまおうかな」と思う場合は
初心者でも安心・便利な「車専門業者を介した中古車オークション・フリマ」がオススメです。

さらに自信のある方・多少面倒でもできるだけ高く売りたい方、できるだけ安く買いたい方は、
通常のオークション、フリマで車の個人売買に挑戦してみてください。

目次を表示(クリックで移動)

中古車の個人売買のメリット

中古車の個人売買:買い手のメリット

販売店などの中間業者を通さない分、買い手はより安く取引することができます。

消費税が課税されないことも買い手のメリットの一つです。

中古車の個人売買:売り手のメリット

販売店などの中間業者を通さない分、売り手はより高く取引することができます。

売却益に対する所得税(通勤・通学・買物目的で所有していた場合)が課税されないことも
売り手のメリットの一つです。

中古車の個人売買のデメリット

中古車の個人売買:買い手のリスク

どんな車かわからない補償がない

車の状態はもちろん、盗難品ではないかなど。

中古車の個人売買:売り手のリスク

・きちんと代金が支払われないかもしれない

車や代金を持ち逃げされてしまわないよう、くれぐれも注意してください。

・購入者が名義変更の手続きをしない場合、旧所有者に納税義務・自己責任が生じてしまうことも

一時抹消(後述)をしたり、名義変更をしてもらえなかった場合の罰則(指定日までに名義変更をしてもらえない場合は、盗難届を出すなど)を決めるなどしておきましょう。

ローンが残っていると売りに出せない

ローンの残っている中古車を売りたい場合は、基本的にはローンを完済する必要があります。
ローンの残っている車を売りたい場合は、ローンの残っている中古車でも買取してくれる「中古車オークション」などを利用すれば、車の売却金額でローンを完済できます。
(売却金額よりローン残債の方が多い場合は、差額が必要になります)

車の個人売買でのトラブルを防ぐためには

後々トラブルにならないよう、旧所有者も新所有者も、少しでも気になる点があれば事前にきちんと確認しておきましょう。

中古車の取引では、所有期間中に問題のなかった車でも譲渡した後に不具合が生じる可能性があります。

その点念頭に置いておき、面倒でも事前に契約書を作成しておくか、規約のあるサービスを利用するのがおススメです。

車の個人売買で必要になる税金について

購入した人が払う税金

自動車取得税

売却した人が払う税金

売却益に対する所得税(※レジャー目的で所有していた場合)

特定のタイミングで車を所有している人が支払う税金

買い手と売り手、どちらの支払いになるか予め決めておきましょう。

・自動車税

4月1日時点の所有者が、1年分前払いする形で支払い。 個人売買の場合は、月割りにすることが多い。廃車にする場合は残り期間の自動車税は還付されます。

・自動車重量税・自賠責保険料

どちらも車検のタイミングで支払います。廃車にする場合は残り期間の自動車税は還付されます。月割りにはせず、車両代金に含まれることが多い。

・リサイクル券

自動車が廃車になる際にリサイクルされるよう、自動車購入時にリサイクル費用を払うよう義務付けられています。実際にリサイクルする義務があるのは廃車にする人のため、新所有者が支払うことが一般的。

車の個人売買に必要な書類について

普通車の個人売買に必要な書類について

旧所有者が準備するもの

車検表(自動車検査証)(名義変更に必要)

実印を押した委任状(名義変更に必要)※委任状書式
実印を押した譲渡証明書(名義変更に必要)※譲渡証明書書式
印鑑証明書(名義変更に必要)(発行日より3カ月以内のもの)

自動車損害賠償保険証明書
自動車税納税証明書

自動車リサイクル券
(紛失した場合でも自動車リサイクルシステム からリサイクル料金の預託状況がわかるので、その画面の印刷で大丈夫)

住民票(車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合)
戸籍謄本(車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合)

新所有者が準備するもの

車庫証明(名義変更に必要)発行後1ヶ月以内
※取得まで時間がかかることがあるので注意。 賃貸住宅や住居外の駐車場を借りる場合、駐車場管理会社のサインが必要。

印鑑証明書(名義変更に必要)(発行日より3カ月以内のもの)
委任状(代理人に頼む場合)
実印

軽自動車の個人売買に必要な書類について

旧所有者が準備するもの

車検表(自動車検査証)(名義変更に必要)
自賠責保険証明書
自動車税納税証明書

自動車リサイクル券
(紛失した場合でも自動車リサイクルシステム からリサイクル料金の預託状況がわかるので、その画面の印刷で大丈夫です)

住民票(車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合)
戸籍謄本(車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合)

新所有者が準備するもの

車庫証明(名義変更に必要)発行後1ヶ月以内
※取得まで時間がかかることがあるので注意。 賃貸住宅や住居外の駐車場を借りる場合、駐車場管理会社のサインが必要です。

印鑑証明書(名義変更に必要)(発行日より3カ月以内のもの)
委任状(代理人に頼む場合)
実印

中古車の名義変更について

自動車には所有者の他、保管場所や保険、税金などの情報が登録されています。

個人間で車を譲渡する場合、代金を支払っても名義変更をしない限り車が新所有者の所有物にならないため、名義変更(移転登録)の手続き・届け出は新所有者が行います。

名義変更には、意外と手間がかかります。 車の受け渡しの際にスムーズに名義変更できるよう、手続きに必要な書類・情報はきちんと集めておきましょう。

名義変更の手続きは、新所有者の住所を管轄している運輸局にて行います。

旧所有者と新所有者の管轄する運輸支局が同じ場合

■必要書類のみの持ち込みでOK。

申請

車検証交付

税金申告(納付)

・移転登録手数料 500円
・検査・登録手数料 車検の有無や車種により異なる
・車庫証明書の取得費用 2,500~3,000円程度

旧所有者と新所有者の管轄する運輸支局が異なる場合

■ナンバープレート交換のため車両持ち込みが必要

申請

車検証交付

税金申告(納付)

ナンバープレート交換

・移転登録手数料 500円
・検査・登録手数料 車検の有無や車種により異なる
・車庫証明書の取得費用 2,500~3,000円程度
・ナンバープレート代(変更がある場合) 1,500~2,000円程度

一時抹消渡しとは

一時的に抹消登録を行い、車検を切ったナンバープレートのない廃車状態で取引することです。
一時抹消をすると自動車税の還付(普通車のみ)があり、自動車税がかからなくなるというメリットも。

車検期間が残っている場合はその残り期間分が無駄になり、 また公道が走れなくなるため、陸走(自動車を輸送車で運ぶ)するための費用も発生します。

そのままでは新所有者は乗ることができませんが、中古車新規登録と車検を行うことによって、再び公道を走れるようになります。

一時抹消(一時使用中止)の方法

必要書類を揃える

ナンバーの登録されている 陸運支局(普通自動車の場合)、 軽自動車検査協会(軽自動車の場合)へ

書類・手数料を納付

登録事項の変更・ナンバーの納付

一時抹消(普通自動車)の必要書類

車検表(自動車検査証)
印鑑証明書(発行後3カ月以内)※市区町村役場などで入手
ナンバープレート(2枚)

実印を押した委任状(代理人が申請する場合)
住民票(住所を変更した場合)
戸籍謄本または戸籍抄本(氏名を変更した場合)

手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付) ※陸運支局で入手
一時抹消登録申請書 OCRシート第3号様式の2(実印を押印) ※陸運支局で入手
自動車税
自動車取得税申告書 ※陸運支局内にある都道府県税事務所の出張窓口にて入手可能

一時使用中止(軽自動車)の必要書類

車検表(自動車検査証)
ナンバープレート(2枚)

認印を押した委任状(代理人が申請する場合)
住民票(住所を変更した場合)
戸籍謄本または戸籍抄本(氏名を変更した場合)

手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付) ※陸運支局で入手
一時抹消登録申請書 OCRシート第3号様式の2(実印を押印) ※陸運支局で入手
自動車税
自動車取得税申告書 ※陸運支局内にある都道府県税事務所の出張窓口にて入手可能

予備検査とは

予備検査とは、一時抹消されている状態の車の仮の車検のことです。
検査に合格しても車検証は発行されず、自動車予備検査証が発行されます。

新所有者は自動車予備検査証があれば、有効期間(3ヶ月)内に名義変更や登録を行うことで、2年間有効な車検証を得ることができます。

検査を受ける前には予め予約が必要です。

普通自動車の予備検査に必要な書類など

登録識別情報等通知書 ※一時抹消していればある書類
所有者の印鑑
譲渡証明書(所有者である事を証明するため)
仮ナンバー(自賠責保険(もしくは自賠責共済)が必要)

・予備検査申請書 OCRの第1号様式 ※運輸局でも入手可能
・自動車検査票 ※運輸局で入手
・手数料納付書 ※運輸局で入手
・手数料印紙 ※運輸局で入手

軽自動車の予備検査に必要な書類など

自動車検査証返納証明書  ※一時抹消していればある書類
・所有者の印鑑
仮ナンバー(自賠責保険(もしくは自賠責共済)が必要)

・予備検査申請書(OCRの軽第1号または軽第2号様式)※軽自動車検査協会事務所・支所・分室の窓口等で入手
・軽自動車検査票 ※軽自動車検査協会事務所・支所・分室の窓口等で入手

車専門業者が介する、中古車オークション・フリマ

「個人売買は思ったより面倒そうだ、自信がないないなぁ」と少しでも思う場合には、 車専門業者が介する中古車オークションやフリマが安心でオススメです。

ガリバーフリマ【車のフリマサイト。匿名利用可能】

ガリバーフリマは、中古車買取No1のガリバーが2015年9月に開始した、クルマ・中古車の個人売買サイトです。 出品中も車に乗っていて大丈夫。

出品者も落札者もお互いの個人情報を開示せず、完全匿名でやり取りができます。 決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などをガリバーが代行します。 (出品者は近くの店舗へ納車、購入者は近くの店舗で引き取りできます)

購入する場合、消費税がかかりません。(手数料には消費税がかかります)

【ガリバーフリマで購入する場合】

■サービス手数料(取引が成立した場合に発生)がかかります。

出品者受取価格 購入者手数料
〜100,000円 18,000円
100,001円〜200,000円 28,000円
200,001円〜300,000円 38,000円
300,001円〜400,000円 48,000円
400,001円〜500,000円 58,000円
500,001円〜1,000,000円 68,000円
1,000,001円〜 出品者受取価格の6%

■ガリバーフリマ3ヶ月有料保証(オプション)…29,800円
*年式無制限、国産車、走行距離20万km以下が対象
*車両本体価格の半額まで
*法人名義車両は条件が異なります

【ガリバーフリマに出品する場合】

■サービス手数料(取引が成立した場合に発生)がかかります。

出品者受取価格 出品者手数料
〜200,000円 20,000円
200,001円〜300,000円 30,000円
300,001円〜400,000円 40,000円
400,001円〜500,000円 50,000円
500,001円〜1,000,000円 60,000円
1,000,001円〜 出品者受取価格の6%

中古車買取オークション「SellCa(セルカ)」

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)は、2017年に登場した中古車買取りオークションサイト。 全国6000社のバイヤー数。一度の査定で最大数千社があなたの車に入札します。

面倒な手続きは一切不要。複数の会社に査定依頼する必要なく、SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了。あなたが最高額に納得できたら売却、という流れになります。

買取相場より数十万円高く売りたい方、複数業者からの営業電話が嫌な方、相場や査定内容が不透明なのが嫌な方にオススメです。

ユーカーパック【最大5000社が公開入札】

ユーカーパックに一度査定申し込みをすると、最大5000社が公開入札してくれます。
ローンの残っている車でも大丈夫です。

車の買い取り査定サービス

車査定・車買取の窓口【車買取】

車査定・買取の窓口見積もりは、一括見積ではなく最高額の査定会社を紹介してくれるサイトです。
このため、複数の買取会社から連絡が来ることはありません。

車査定・車買取の窓口のキャンペーン

成約者全員にAmazonギフト券5000円分プレゼント

中古車買取オークション「カープライス」

カープライスは、三井物産グループのカープライス株式会社が運営するインターネット・ライブオークションサイト国内外800社以上の中古車販売店、輸出業者があなたの車に入札します。

(大規模なシステム改修のため、2018年12月3日(月)より査定申込みを一時停止)

複数の会社に査定依頼する必要なく、電話も査定も1社だけとのやり取りで完結することができます。 (不特定多数の買取業者からの膨大な営業電話、複数回・長時間の査定、価格交渉に悩まされることもありません)

車の個人売買ができるフリマアプリ・オークション

トラブル対応にも自信のある方、より大きく利益を得たい方など、個人売買にチャレンジする方はオークション・フリマアプリがオススメです。

こちらでは、車取引に限定して手数料体系を掲載しています。

車以外の取引も検討している方は、下記も参照してください。

ヤフオク!での車の個人売買について

ヤフオク!TOP

ヤフオク!(旧Yahoo!オークション)はYahoo!JAPANが運営する日本最大級のオークションサイト。 1999年サービス開始の最大手。常時5000万点以上の商品が出品されています。 Tポイントを貯めたり、利用することができます。

「自動車、オートバイ >中古車・新車」カテゴリへの出品は以下の点が異なります。

・スマートフォン(ブラウザー、ヤフオク!アプリ)からの出品、フリマ出品はできません。
・出品者はYahoo!プレミアム会員登録(税抜462円/月)が必要になります。

・入力項目やオプションなど出品フォームが異なります。 商品情報は車種名、年式などの入力欄がある、自動車車体専用のページで入力します。
・個数は1個(1台)のみ指定できます。(同時に同じものを2~9個出品はできません)
・開催期間は最長14日まで指定できます。
・決済方法でYahoo!かんたん決済以外の支払い方法も設定できます。
・「商品代引」は選択できません。
・オプションの「最低落札価格」は無料で設定できます。
・オプションの「自動再出品」で選択できる回数は1回です。
・「代金先払い、後払い」の設定は後払いになります。
・取引ナビ(メッセージ方式)での取引となります。
・Yahoo!かんたん決済で支払われた場合も、支払い手続き完了後、すぐに代金を受け取れるようになります。
(現金で受け取る設定にしている場合、入金まで所定の日数がかかります)

ヤフオク!

モバオク(旧auモバオク)での車の個人売買について

モバオク! はDeNA(ディー・エヌ・エー)の子会社が運営しています。 運営実績10年以上、出品数200万品以上。

トラブル防止のため、モバペイ取引もしくは代引取引を利用します。 基本的には、月額利用料(324円)のみ出品・落札し放題

商品代金を、携帯電話料金と一緒に支払える「キャリア決済」が利用できます。

【モバオクで落札する場合】

月額利用料……324円/月または360円/月 ※iOSアプリからiTunes決済、AndroidアプリからGooglePlay決済する場合、月額利用料は360円[税込] ■落札手数料……自動車>車体カテゴリ:4,860円(税込)

【モバオクで出品する場合】

月額利用料……324円/月または360円/月 ※iOSアプリからiTunes決済、AndroidアプリからGooglePlay決済する場合、月額利用料は360円[税込] ■出品料……無料

【モバオクのアプリはこちら】

モバオクのアプリは下記からダウンロードできます。

”GoogleAppStoreで入手

【モバオクのキャンペーン】


モバオク

クリマでの車の個人売買について

クリマは2019年5月23日にオープンしたばかりの、中古車専門のフリマサイト。
廃車買取事業「ハイシャル」と車輸送事業「車陸送.com」を運営しているユニオンエタニティ株式会社が運営。

AM9:00~PM10:00の間、専門のカスタマーサポートが対応してくれます。

売却者から車の譲渡と書類手続きに必要な書類の譲渡がなされたことが確認できた時点で、
売却者に車両代金が支払われます。
代理出品、提携業者での名義変更代行などの便利なオプションもあります。

【クリマで出品する場合】

■売買が成立したときのみ、5,000円(税別)のシステム利用料。
オプションサービスについては別途費用。

【クリマで落札する場合】

5,000円(税別)のシステム利用料のみ

【クリマのキャンペーン】

リリース記念キャンペーンとして、通常5,000円の成約手数料が1,000円!(1ヶ月限定)

Yahoo!官公庁オークションでの公用車売却について

Yahoo!官公庁オークションとは、インターネット公売や公有財産売却など、各行政機関による行政手続きの一部をインターネット上で実施するサービスです。

ヤフー株式会社がシステム提供しており、出品者は全て行政機関になります。
個人売買とは少し異なりますが、こちらで公用車が売られることがあり、グレードの高い自動車の出品が多いため掲載しておきます。
(クラウン/センチュリー/プレジデント/セドリック/セルシオ/グロリア/シーマなど)

せり売形式と入札形式があり、インターネット公売はせり売形式と入札形式、公有財産売却は入札形式のみで行われます。

※インターネット公売:各行政機関が税金などの滞納者から差し押さえた財産を、国税徴収法などにのっとって売却する手続きの一部。
※公有財産売却:各行政機関が所有している財産を、地方自治法などにのっとって売却する手続きの一部。

せり売形式では、入札期間中であれば何回でも入札が可能で、最終的に最も高い金額で入札した者が落札者となります。
入札形式では、入札可能な回数は1回のみで、最も高い金額で入札した者が落札者となります。

モバイル端末からの利用はできません。
2019年は4~5月、7~11月に開催されます。(月ごと開催)

Yahoo!官公庁オークションの参加条件について

Yahoo! JAPAN IDの取得は必要ですが、ヤフオク!の利用登録をする必要はありません。
ヤフオク!とは違い、事前の参加申し込みが必要になります。 物件により、保証金の納付が必要になります。

Yahoo!官公庁オークションの参加申し込み期間について

スケジュール詳細はYahoo!官公庁オークション 年間スケジュールで確認してください。

メルカリでの車の個人売買について【手数料10%】

通常と料金体系に変わりがありません。こちらを参照ください。

ラクマでの車の個人売買について【手数料3.5%】

通常と料金体系に変わりがありません。こちらを参照ください。

専門業者による車買取サービス

事故車買取のタウ【事故車買取サービス】

事故車買取の<タウ>査定申込促進プログラム

トラック王国【中古トラック・重機・バスの買取】


トラック王国

車の個人売買についてのまとめ

いかがでしたか?

車の車体取引は高額になりがちですので、 安く買ったつもりでも、結局トラブルなどで高くつく可能性もあります。 車の個人売買をされる場合は、十分気を付けて取引してくださいね。